老人ホーム入所までの変化

サイトマップ

マンション

Headline

楽しいばかりではない学生の1人暮らし

1人暮らしとして多いのは、やはり『大学生の1人暮らし』でしょう。地元から県外の大学へ進学するにあたって、マンションやアパートの部屋を借りて1人暮らしを始める人がほとんどです。私も大学生になるにあたって、両親と進学先の県に足を運んで実際にその目で見て住むところを決めました。男性なら、近くにコンビニや駅があるなどの理由で決められますが、女性はそれだけでは決められません。親が最も心配するのが金額よりも『娘の安心』です。都会などは自動販売機やお店など、様々なネオンの明かりで道が照らされますが、地方や田舎などの山に近い場所などは電柱の灯りすらもない道が多々あります。人間は元来から暗闇を恐れ、世の中を明るくしようと工夫してきました。例え何も無かったとしても恐怖を抱き、逆に暗闇の中に恐怖が潜んでいても気付く事が出来ないかもしれません。そんな場所に娘を住まわせるのは不安だとして、アパートやマンションの周りの環境にも気を配って決めます。その恐怖こそ、1人暮らしの最も恐ろしい所だとも言えます。1人暮らしとは『自立』でもあり、『頼れる人がいない』という可能性も出てきてしまうのです。ルームシェアや、友人や知り合いが近くに住んでいるというなら大丈夫でしょうが、単身で県外に来た場合、もし不測の事態が起きたらどう対処していいか分からなくなってしまいます。そういう事を防ぐためにも、マンションやアパートの住人には積極的に挨拶をし、近くのお店の店員とも顔見知りになるなど、コミュニケーションが不可欠になってくると思われます。楽しい1人暮らしのためにも、無理の無い範囲で人間関係は円滑にしておきましょう。

工場の求人情報はこちらから|グッジョブ・ナビ

TOPへ